Echonetスキャナ(改めEcohnetScanner)をAppStoreに申請してみました。

EchonetScannerですが、だいぶ使えるようになってきたのでAppStoreに申請してみました。AppStoreにアプリを登録したのは1月頃でしたが、TestFlightでテストしていたので4月の申請となりました。

初のiOSアプリ申請です。さて、どうなることやら…

“Echonetスキャナ(改めEcohnetScanner)をAppStoreに申請してみました。” の続きを読む

EchonetScannerをiOS14.1で動かすと、Fatal Errorになってしまう。

少しずつ機能追加しながらEchonetScannerの開発を続けています。手持ちのiPhoneで動作確認して問題なく動いていたのですが、最近購入したiPhone 12 miniで試したところ、クラッシュが発生してしまいました。

事象発生はいつも同じ操作で、バックグラウンドで情報要求のUDPパケットを送信、受信データを画面に反映させるところです。

  • 問題なく動作したデバイス
    • iPhone 11 Pro(iOS13.5.1)
    • iPhone X(iOS14.4)
    • iPhone 7(iOS14.4)
  • クラッシュが発生したデバイス
    • iPhone 12 mini(iOS14.1)
“EchonetScannerをiOS14.1で動かすと、Fatal Errorになってしまう。” の続きを読む

今年も確定申告

例年通り、マネーフォワードクラウド会計から確定申告書を作成してますが、今年もハマったので備忘録として残しておきます。(仕訳入力は日々行っているので、すんなりいってくれると嬉しいんですが…)

去年はクラウド会計上で確定申告書を作成できましたが、今年はクラウド確定申告という画面(アプリ)に飛ばされるようになりました。

今年は3回のハマりポイントがありましたが、いずれもクラウド確定申告アプリで何とかできると思うので、ご対応いただけると嬉しいですね…

“今年も確定申告” の続きを読む

W5500のマルチキャストの挙動に注意

Wio Terminal用Ethernet HATに使うつもりのW5500(WIZnet社製)ですが、マルチキャスト通信を行うには注意が必要ということがわかりました。

結論としては、マルチキャスト受信とユニキャスト送信が必要な場合、ソケットを2つ使う必要があるようです。

ググったところ、こちらの情報(can’t receive multicast packet and respond)にも同様のことが書かれていました。

“W5500のマルチキャストの挙動に注意” の続きを読む

Wio Terminal用Ethernet HATの試作

Wi-SUNゲートウェイのWio Terminal化を検討中ですが、やはりWiFiではなくEthernetで運用したいと思いました。

また、単純にWio TerminalでEthernetを使いたい、という需要もあるのではないか、と。

そこで、WIZ550ioを使ったEthernet HATを試作しました。(とりあえず、ユニバーサル基板で。近日中にプリント基板を起こす予定です。)

なお、動作確認は、Ardiono開発環境でEthernet3ライブラリを使用して行いました。

“Wio Terminal用Ethernet HATの試作” の続きを読む

Wio Terminalとラズパイ用Wi-SUNインタフェースボードの接続実験

seeed社製Wio Terminalを買ってみました。40ピンのGPIOヘッダ(ソケット)があり、ピン配置はラズパイ互換となっています。

そこで、Wi-SUNインタフェースボードとの接続実験を行ってみました。

と言っても、繋ぐ信号はUARTのTxD、RxD、(無線モジュール用)リセットの3本のみです。

4連休の後半2日を使って、最終的に疎通確認までできましたが、単純なところで躓いてしまいました。(できれば、もう少し先に進めたかったんですが…)

“Wio Terminalとラズパイ用Wi-SUNインタフェースボードの接続実験” の続きを読む

M5Stack(PlatformIO)環境での奇妙なエラーと回避方法

謎のエラーメッセージ

UnicodeDecodeError: ‘cp932’ codec can’t decode byte 0x98 in position 134: illegal multibyte sequence

というエラーメッセージで、C++(Arduino)のswitch~case文の中で起きました。「multibyte」とありますが、特に日本語を使ってるとかはありません。

case 0xc0:
    uint8_t r = 0x00;
    break;
“M5Stack(PlatformIO)環境での奇妙なエラーと回避方法” の続きを読む