Wio Terminal版Wi-SUNゲートウェイの作成

Wio Terminalとラズパイ用Wi-SUNインタフェースボードとの接続実験で試していたものですが、ようやくプログラムが完成しました。

内容は、こちらに記載しています。

ずっとラズパイ版で運用してきましたが、しばらくWio Terminal版に切り替えて運用してみたいと思っています。

なお、WiFi接続でうまく動かせなかったので、Ethernet接続のみの対応(Ethernet HAT必須)となっています。(WiFi対応は、今後の課題として継続調査します)

Wio Terminal用Ethernet HATの試作

Wi-SUNゲートウェイのWio Terminal化を検討中ですが、やはりWiFiではなくEthernetで運用したいと思いました。

また、単純にWio TerminalでEthernetを使いたい、という需要もあるのではないか、と。

そこで、WIZ550ioを使ったEthernet HATを試作しました。(とりあえず、ユニバーサル基板で。近日中にプリント基板を起こす予定です。)

なお、動作確認は、Ardiono開発環境でEthernet3ライブラリを使用して行いました。

“Wio Terminal用Ethernet HATの試作” の続きを読む

Wio Terminalとラズパイ用Wi-SUNインタフェースボードの接続実験

seeed社製Wio Terminalを買ってみました。40ピンのGPIOヘッダ(ソケット)があり、ピン配置はラズパイ互換となっています。

そこで、Wi-SUNインタフェースボードとの接続実験を行ってみました。

と言っても、繋ぐ信号はUARTのTxD、RxD、(無線モジュール用)リセットの3本のみです。

4連休の後半2日を使って、最終的に疎通確認までできましたが、単純なところで躓いてしまいました。(できれば、もう少し先に進めたかったんですが…)

“Wio Terminalとラズパイ用Wi-SUNインタフェースボードの接続実験” の続きを読む