IPv4 over IPv6を使ってみようと思った件(その2)

先日の投稿で「ASAHIネットで接続されている状況ではHGWでの IPv4 over IPv6接続はできない、ということのようです。」と書きました。

ですが、あらためてASAHIネットのサイト(IPv6接続機能(IPv4 over IPv6接続))を見てみたところ、対応機種に「PR-600MI」が明記されていることが確認できました。

物理的(ネットワーク環境的?)には問題ないということなのでしょうか。

となると、プロバイダ(ぷらら)が意図的に(光IP電話メイトだから)IPv4 over IPv6接続ソフトウェア配信を止めている、ということ?

でも、プロバイダがそんなことしますかね…

IPv4 over IPv6を使ってみようと思った件

背景

プロバイダとしてぷらら、「光IP電話メイト(ホーム)」というコースを利用中です。

ぷららv6エクスプレス(IPoE)を利用するためには何か設定が必要ですか?によると、「ひかり電話対応ルーター(ホームゲートウェイ)を利用」での「IPoE(IPv4 over IPv6)接続方式によるインターネット接続」は、下記の2パターンがあるようです。

  1. ご利用条件1
    • ぷらら光・ドコモ光をご契約
    • 型番が300番台以降のひかり電話対応ルーター※をご利用
  2. ご利用条件2
    • 光セット/光メイト/光パックをご契約
    • 型番が500番台以降のひかり電話対応ルーター※をご利用
    • ぷららでWi-Fiルーターをレンタルしていない

ウチでは、後者のご利用条件2に合致します。(先日まで、PR-400NEをレンタルしていたのですが、上記条件をクリアするためPR-600MIにレンタル変更しました)

IPv4 over IPv6環境下ではIP電話の利用ができなくなるともあり、確認してみたいと思いました。

“IPv4 over IPv6を使ってみようと思った件” の続きを読む