IPv4 over IPv6を使ってみようと思った件

背景

プロバイダとしてぷらら、「光IP電話メイト(ホーム)」というコースを利用中です。

ぷららv6エクスプレス(IPoE)を利用するためには何か設定が必要ですか?によると、「ひかり電話対応ルーター(ホームゲートウェイ)を利用」での「IPoE(IPv4 over IPv6)接続方式によるインターネット接続」は、下記の2パターンがあるようです。

  1. ご利用条件1
    • ぷらら光・ドコモ光をご契約
    • 型番が300番台以降のひかり電話対応ルーター※をご利用
  2. ご利用条件2
    • 光セット/光メイト/光パックをご契約
    • 型番が500番台以降のひかり電話対応ルーター※をご利用
    • ぷららでWi-Fiルーターをレンタルしていない

ウチでは、後者のご利用条件2に合致します。(先日まで、PR-400NEをレンタルしていたのですが、上記条件をクリアするためPR-600MIにレンタル変更しました)

IPv4 over IPv6環境下ではIP電話の利用ができなくなるともあり、確認してみたいと思いました。

今回やったこと

(1) ひかり電話対応ルータ(HGW)のレンタル変更(PR-400NE→PR-600MI)。

(2) ぷららサイトのマイページで「ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続」をONにする。

  • 「ONへ変更中」となるものの、しばらくすると「OFF」に戻ってしまう。
    • PR-400NE利用時も試していたが同じ状況だった。ぷららの言う「500番台以降」にすれば解決するものと思っていたがダメだったということ。

(3) ぷららにチャット問い合わせ(以下、回答)

  1. ひかり電話のサービスタイプが1だった場合は、ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続は利用できない。
  2. 契約が【光IP電話メイト(ホーム)】だと、「ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続下ではIP電話のご利用ができません」とのこと。
    • この点は認識済みで、そもそも確認(実証)してみたいと考えていたところです。
    • ただ、オペレータの回答では「IP電話の契約があることにより手続きがうまく進んでいない状況」とのことで、IP電話の解約が必要らしい。
    • この理屈だと、HGWでのIPoE接続の前提としてIP電話が使われてないことになり、「ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続下ではIP電話のご利用ができません」という表現と合わない気がします。
    • なんか堂々巡りになりそうだったので、ここでチャットを打ち切りました。

(4) NTTに電話問い合わせ

  • 利用中のひかり電話のサービスタイプがタイプ2になっているか → タイプ2になっている

(5) IPv4/IPv6接続判定ページで確認

  • IPv4(PPPoE)、IPv6(IPoE)による通信はできているが、「IPv4設定ソフトウェアへのアクセス」と「v6プラスのインターネットアクセス」がNG

(6) ASAHIネットでの接続確認

  • ウチは、ASAHIネットのIPoEで接続されているようです。

結論

結局、何が悪いのかよくわかっていません。

納得がいってませんが、オペレータの言われる「ぷららとの契約( 光IP電話メイト(ホーム) )のせい」なのでしょうか。

そのため、IPoE接続がASAHIネットだとHGWへのソフトウェア配信ができない?

色々とググってたら、やっとそれらしい情報に行き着きました。

(再掲載)「v6 コネクト」のオプションサービスについてのお知らせ

上記によると、「ホームゲートウェイでのDS-Lite方式によるIPv4 over IPv6接続機能は、ISP「ASAHIネット」でご利用いただくことはできません」らしい。

ASAHIネットで接続されている状況ではHGWでの IPv4 over IPv6接続はできない、ということのようです。

IP電話自体はあまり使っておらず解約しても構わないのですが、いっそ「ぷらら光」に転用してしまおうかと悩み中です。(IPv4 over IPv6接続にするには、転用が必須となりそう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA