M5Stack用ユニバーサル基板キット2のCore2対応について

M5Stack Core2が発売(昨年の9月)されてからだいぶ経ちましたが、M5Stack用ユニバーサル基板キット2との勘合具合を今更ながら確認してみました。

M5Stack Core2では、本体にねじ止めされる裏蓋にバッテリーがついており、旧タイプのようにモジュールとして分離できません。

ですので、下の写真のように全く勘合しません。

裏蓋を外せば勘合するのですが、バッテリー駆動ができなくなります。

そこで、Core2に対応するフレームを作成してみました。まず、20ピン用ヘッダを露出させる窓がないタイプから。

フレーム(窓なしタイプ)の外観
6.5mmフレーム勘合面
Core2勘合面

次に、ヘッダ用窓があるタイプ。

フレーム(窓ありタイプ)の外観
6.5mmフレーム勘合面
Core2勘合面

それぞれ、Core2と組み合わせると、下の写真のようになります。

窓なしタイプ
窓ありタイプ

3Dモデルは、Githubで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA