ECHONETスキャナを作ってみる(5)

なんとかひと段落

各プロパティ値の表示を意味ある形にして、ノード一覧をソートしました。プロパティの設定は制約としてできないようにしていますが、スキャナ(Echonet機器のプロパティ値の取得)としては、それなりに使えるようになったと思います。

プログラムソースはGitHubで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA